【初心者のSEOライティング】強いWebライターになる7つの手順とコツ

【初心者のSEOライティング】強いWebライターになる7つの手順とコツ基礎知識

こんにちはウサギのTana(SEOライター)です。今回は初心者SEOライティングとして記事を書く手順(やり方)とコツを詳しく紹介していきます。

WEBライターをはじめ、記事を発注する側(クライアント)の最終目標は「検索上位表示」です。

クライアントの要求に「SEOを盛り込んで」と言われても、何をどうすればいいのかさっぱり分かりませんよね。そんな場面で有効なSEO知識をお伝えしていこうかと。

ここでは速攻で強いWebライターになるためにも、初心者向けSEOライティング7つの手順をぜひ学んでみてください。

手順①キーワードの出現率をチェックする

手順①キーワードの出現率をチェックする

初心者のSEOライティング手順1つ目が「キーワードの出現率」で、SEOの基礎基本ともいえる部分になりめっちゃ重要なポイントです。

SEOライティングを意識して文章を書くということは、グーグルボット(google bot)から機械的に評価を得るためキーワードの比率調整が1つの手段。

おもにキーワードの出現率はページによってこのような違いがあります。

  • トップページ‥目標キーワードを5~7%入れてライティング。
  • サブ(個別)ページ‥目標キーワードを3~5%入れてライティング。

このキーワードの出現率を確認するのに便利なのがファンキーレイティングというツールで、ライティングをした記事をコピペすれば一瞬にしてわかります。

キーワードツール

ただしライティングを依頼してくるクライアント側のほうがこのキーワードの出現率まで理解していることはかなり稀で、ここまで要求してくる場面というのはほぼありません。

キーワードの出現率を要求しないクライアントの場合は、気にすることなくライティングをすればOK。

もし「トップページ用」「個別ページ用」などに沿ったSEOライティング希望であれば、各ページに沿ったキーワード出現率を意識してSEOライティングすると喜ばれるもの。

とくにSEOライティングに慣れない初心者のころはキーワード出現率を意識して文章を書くと難しいので、はじめはいつも通りにライティングをして「後で調整する」という方法がコツになります。

何度もキーワード出現率を調整しながらツールで確認をして、最終的に各ページで目標とするキーワード出現率に近づけてみてください。

手順②キーワードのバランスをとる

手順②キーワードのバランスをとる

キーワードの出現率について紹介しましたが、さらに「バランスをとる」ことも重要なSEOライティングのポイントになります。

キーワードの出現率を調整するときに「逆三角形」となるよう調整することで、より検索順位アップに交換できるSEOライティングになります。

この「逆三角形」というのは文章全体に対するキーワードのバランスで、基本的に文章全体にバランスよくキーワードが散りばめられていることが好ましいSEOライティング。

さらにSEOライティングでより好ましいスタイルが、文章の初めにキーワードが多く、終わりに下がるにつれ少なくなっていくという「逆三角形」の書き方です。

逆三角形

もしキーワードの出現バランスが「正三角形」になってしまうと不自然な文章となり、SEOライティングとしては正しくありません。ここでの考え方としては「人は最も伝えたいことを初めに多く書く」ということ。

したがって「いちばん伝えたいこと=キーワード」になるため、自然と文章の初めのほうに目標キーワードは多くなるというのがSEOライティングとして正しい書き方になります。

手順③キーワードの近接を意識する

手順③キーワードの近接を意識する

キーワードの近接というのは「複合キーワードにおける単語の距離」です。SEOライティングではこの近接率というのも重要なコツになります。

たとえば「美白コスメ おすすめ」というキーワードの場合、それぞれの単語「美白コスメ」「おすすめ」の距離を指すのが近接率。

この近接率があまり離れていると「この2語はあまり関係性がない」とグーグルボットに判断されてしまい、その複合キーワードで上位表示させることが難しくなります。

全てではありませんが、なるべく2語のキーワードを近づけて書くことがSEOライティングには求められます。

キーワードの近接

またキーワードの近接というのは出現場所も重要なポイントで、あまり近い距離になんども現れるようなライティングは不自然な文書として判断されてしまいます。

文章全体を見て「水平方向」「垂直方向」であまり近い距離に複合キーワードが出現しているようであれば、距離を離すなどの工夫をすることが効果的なSEOライティングのコツ。

たとえばグーグル検索をしたときに、検索で入力をした単語が太文字で強調されると思います。そして前後の文章とともに検索画面に表示されることを考えてみると、この近接を良く理解できると思います。

手順④共起語で表現する

手順④共起語で表現する

目標キーワードを別の表現に変換してライティングする作業が「共起語で表現する」ということです。

共起語というのは「そのキーワードから連想される言葉」で、類義語などと似通った意味を持つもの。

この共起語を見つけるためには共起語ツールが便利で、検索結果の上位50サイトから抜粋された共起語を一覧で見ることができます。

たとえば「美白」を共起語ツールにかけると‥

共起語ツール

このように「美白」から連想される別の言葉が一覧表示されるので、このような言葉を取り入れながら文章を書くことでより効果的なSEOライティングになります。

またこの共起語は検索結果での上位表示に効果的な「ユニーク単語数」としてもカウントされるため、より有効なSEOライティングにつながりクライアントからも喜ばれる文章を書くことも。

初心者WEBライターがこの共起語を理解しておくとクライアントにも喜ばれやすいSEOライティングが身につくので、1つのコツとして知っておくことをおすすめします。

手順⑤「こそあど」を名詞に変換する

手順⑤「こそあど」を名詞に変換する

「こそあど」というのは「これ」「それ」「あれ」「どれ」を指すライティング用語で指示語と呼ばれています。この言葉を名詞に変換することでより効果的なSEOライティングとなります。

この「こそあど」というのは代名詞になり、グーグルボットからも「有効な単語」として認識されないため検索結果での上位表示に貢献する言葉ではありません。

したがって「こそあど」で置き換えた言葉を本来の名詞に変換することでムダな言葉を減らし、関連する専門用語が増えることで上位表示に貢献する効果的なSEOライティングのテクニックになります。

たとえば‥

こそあど

このように代名詞を本来使うべき名詞に戻すことで、SEOライティングとして効果的な文章になります。

さらに、ユーザーにとっても読みやすい文章になるため「一石二鳥のライティング技術」。

また結果的に有効なユニーク単語が増えるため検索結果でも上位表示に貢献するSEOライティングのテクニックになるので、ぜひ初心者のうちから覚えておきたいライティング技術といえます。

手順⑥同じ言葉を繰り返さない

手順⑥同じ言葉を繰り返さない

同じ言葉を繰り返すのは目標キーワードだけにして、そのほかの言葉や表現を同じように繰り返すのは避けることもSEOライティングのコツです。

同じ言葉を繰り返し表現していることを確認するためには、手順①キーワードの出現率をチェックするでご紹介したファンキーレイティングを使用すると簡単。

ツール結果画面で繰り返し使用されている言葉の割合が表示されるので、目標キーワードよりも多いようであれば即刻削除、または違う言葉に変換することがSEOライティングとして大事なコツになります。

ムダな言葉などは削除

また言葉以外にも同じ表現をしている文章というのも「SEO的に意味をなさない言葉」としてマイナスポイントと認識されるため、別の表現に変更するなど修正するようにします。この場合は自分で文章を読み返して「推敲」することで判断します。

同じ言葉を繰り返してOKなのは「目標キーワードだけ」と考えながら文章を書くことで、SEOライティングのできるWEBライターとして評価もされやすいもの。

ただキーワードツールで表示される言葉は削除できない接続詞なども含まれるため、対応しようのない言葉はムリに削除する必要はありません。

手順⑦主語と述語の関係を正しく使う

手順⑦主語と述語の関係を正しく使う

とくに初心者WEBライターのよくあるミスに「主語が書かれていない」というものがあります。主語と述語を書くことでグーグルボットが「文章の関係性を理解する」ためSEOライティングには大切なコツです。

ライティングをするときに「目の前にいる相手へ話しかけるように書く」というのは基本ですが、ただ話す言葉をそのまま文章にすると主語が抜けがちになるためSEOライティングでは注意が必要です。

しかし、主語を抜かした箇所を見つけるのはかなり困難。

たとえばこのような箇所は主語が抜けているのでチェックしてみてください。

主語が抜けている箇所のチェック矢印

主語が抜けている箇所の答え

例に挙げた主語のない文章は形容詞を抜くと「実際に使ってみた感想としては気に入っている」になってしまうので、素直に「なにが?」と言いたくなってしまう内容。

言葉にして話すと主語がなくても伝わりますが、このように文章にした場合は主語が抜けていると相手に伝わらないためSEOライティングだけではなく文章表現としてもマイナス原因。

ふだん使っている話し方なのでなかなか気づきにくい部分になりますが、WEBライターがSEOライティングをするときは「しつこいくらい詳しく書く」ということを念頭において文章を書くことが大事です。

初心者WEBライターが知っておきたいSEOライティングのコツ

初心者WEBライターが知っておきたいSEOライティングのコツ

とくに初心者WEBライターであるほど「SEOライティング」の知識は少しでも早い収入アップへつながる重要なポイントになります。

SEOライティングをするうえで大事な3つのコツは‥

  1. まずは自分の思い通りにライティングをする。
  2. 書き終えたらSEOライティングに必要な要素を盛り込む。
  3. 文章全体を推敲してみる。

とくに「SEOライティングの要素」についてはしっかりと1つずつチェックをしながら進めることが大切で、各要素が間違いなく完遂できているかを確認した上でつぎに進んでいくことが超重要なコツ。

ご紹介した7つの手順を踏まえながら進めると確実なSEOライティング文章が完成するので、一度に取り組んで頭がこんがらがってしまうよりも、少しずつ手順を踏まえることがポイントです。

初心者WEBライターにとって、SEOライティングは即収入アップにつながる即効性のある知識です。

こちらも「SEO知識が身につき即効性がある」のでぜひご覧ください。

初心者Webライターがまず目指すべき即戦力「SEO検定」とは?

まとめ

とくに初心者WEBライターが知っておきたいSEOライティング手順やコツについてお話ししてきました。この知識を身につけることで早い段階から収入アップへつなげることが期待できます。

もう一度「SEOライティングの手順」をまとめておきます。

  1. キーワードの出現率をチェックする
  2. キーワードのバランスをとる
  3. キーワードの近接を意識する
  4. 共起語で表現する
  5. 「こそあど」を名詞に変換する
  6. 同じ言葉を繰り返さない
  7. 主語と述語の関係を正しく使う

このSEOライティング知識を、1つ1つ確実に行ってみてください。

すべての手順を踏まえることでクラウドソーシングではクライアントに好まれ収入アップにつながり、文字単価2~3円は軽く稼げるWEBライターとして活躍できます。

また自分でウェブサイト運営をするときにもSEOライティング技術を活かせるので「一生もの」と思って取り組めばより頑張れるかと思います。

クラウドソーシングで記事を依頼するクライアントも、最終目標は「検索順位アップ」です。

実現するためにはSEOライティングの知識をもっているWEBライターを選びたいので、高い単価で契約を結ぶことが十分に可能な技術です。

初心者とはいえ一度覚えたら一生もの、ぜひ頑張ってSEOライティング身につけましょう!

こちらもおすすめ

初心者のSEO対策
SEO対策を初心者でも簡単にわかるよう解説します。SEO対策は検定資格をもって自分のウェブサイトにも活用しているので初心者ライターのSEO知識や検索結果で上位表示したいアフィリエイターなどの力になれるかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました