初心者webライターが知っておきたい最低限のSEO知識

初心者webライターが知っておきたい最低限のSEO知識基礎知識

初心者webライターがライティングをするときにSEOを盛り込んで」と依頼される場合がありますので、ここでは最低限のSEOについてご紹介します。

SEOというと何だか難しそうですが、記事内容を判断する”クローラー”が検索順位をつけるための最低限必要となる指標のことです。つまり「機械で順位を判断するために必要な最低条件」です。

記事を依頼する側は少しでも検索上位に表示させたいので、このSEOを盛り込んでライティングしてくれるwebライターを歓迎する傾向にあります。

  • webライターを始めたけどSEOがわからない。
  • SEOの知識を身につけて文字単価を上げたい。

そんな方へ参考なるかと思います。

WEBライターのSEO知識①コンテンツ内容について

WEBライターのSEO知識①コンテンツ内容について

まずはwebライターのSEO知識として「コンテンツ」に関することについて。

以下のようなポイントを抑えてみてください。

  • 狭く深くがコンテンツの基本
  • インターネットで拾った情報は古い
  • 独りよがりの文章に注意

①-1:狭く深くがコンテンツの基本(滞在時間)

まずWEBライターのSEO知識として知っておきたいのが「コンテンツの基本」です。

SEO対策というのはコンテンツが優秀であれば”読者に読んでもらえる”ことによって、滞在時間が長くなりその結果として検索上位に上がりやすくなります。

このコンテンツが、もっともSEOで重要な部分になります。

①-1-A:知識というよりも”コツ”を発信する

コンテンツでもっとも重要になるのが他にない知識といわれていますが、具体的には「コツ」と考えた方がよく分かるかと思います。

たとえば野球のバットを振るときに、マニュアルには「両手で握る」とは書いてあっても「右利きは右手で押し出す」などの情報については書いてありません。または卓球のラケットを振るときに「何度の角度で降ればドライブがかかる」とも書いてありません。

このような一般的に出回っていない”コツ”が記事には必要で、これをもし一般的な内容を執筆すればすでにある情報なので「重複」になってしまいます。

したがって知識というよりも”コツ”を発信するつもりでライティングすることが、ひいてはSEOとして優秀な記事となります。

①-1-B:その記事によって疑問がすべて解決できる

自分が書いた記事を読んで、その疑問がすべて解決する内容。

これが出来ていれば検索ユーザーはほかの記事を見る必要がないため、バックボタンなどを押して後戻りすることはありません。検索上で後戻りされてほかの記事を読まれるというのはSEO上もっとも好ましくない状態で、検索順位の降下につながってしまう理由の1つです。

したがって自分が書いた記事でそのキーワードで検索をしてきたユーザーが、すべての疑問を解消できる内容を書くことがSEOとして好ましいコンテンツになります。

①-2:インターネットで拾った情報は古い(新しさ)

WEBライターのSEO知識として「情報の新しさ」はとても大切です。

先ほどもお話ししたように検索上で重複した記事というのはSEO的に良くなく、検索順にの低下につながるため注意が必要です。

②-1-A:自分の経験にもとづいた情報

とくに初心者のWEBライターがやってしまいがちなのが、インターネットで検索をして得た情報をライティングするというものです。

ここで大きな間違いが「すでにある情報を書いても意味がない」ということ。

リライトをすればOKでは?と思うかもしれませんがそんな表面的なものではなく、コンテンツの意味合いまでしっかりと理解しているのが現在の検索エンジンです。

したがって検索上にある情報をリライトするのではなく、自分で得た情報に基づいて新しいコンテンツを検索エンジンへ届ける必要があります。

その結果としてSEO上でもプラスとなって、上位表示につながる要素となります。

②-1-B:書籍で培った知識

自分の経験が乏しければ、書籍を参考にするのもOKです。

1つだけの書籍に頼るのではなく複数の書籍から情報を得た上で、自分なりの解釈を入れてライティングをすることがSEOとして好ましいコンテンツになります。

書籍は多ければ多いほどたくさんの情報が入って来るので、違った角度などから書籍によって情報を得るというのはSEOとしても効果的です。

①-3:独りよがりの文章に注意(回遊性)

コンテンツというのは少しでも多く”回遊”をしてもらうことが大切です。

webライターはその記事だけを見がちですが、発注する側としては複数ページがあるサイトの一部としてその記事を発注しています。

依頼側の状きゅおもしっかりと考えながら、回遊性を高めるためにも独りよがりですぐに閉じられてしまうような記事は失格です。

①-3-A:ライティング後の推敲

独りよがりの記事にならないためには、ライティング後に「推敲」をすることが重要です。

とくに初心者のwebライターのうちからこの推敲をする癖をつけておくことによって、読んだ人の気持ちが見えやすくなっていくものです。

「なんだか読者のことを考えていないな‥」

と思うような記事はすぐに閉じられてしまう可能性が高まりますので、その結果としてSEO上でも好ましくありません。

①-3-B:押しつけがましくない表現

押しつけがましい‥という記事については、とくによく考えてみてください。

自分だけが「すごい!」と感じていても、ほかの人から見れば”ぜんぜん大したことではない”と考えることが重要です。

もちろんすごいと感じた部分については前面に押し出してもいいですが、きちんとそのすごさを裏付ける「根拠」を明確に表現しながらライティングをする必要があります。

読んだ人が「なるほど‥確かにすごい‥」と感じるためには、明確な根拠が伴っていなければ芽生えることのない感想です。

押しつけがましい文章は閉じるボタンを押されてしまいSEO的に良くありませんので、しっかりと推敲をして何度でも読者の気持ちになって読み返してみることが大切です。

WEBライターのSEO知識②キーワードについて

WEBライターのSEO知識②キーワードについて

WEBライターを始めるとキーワードという言葉はよく耳にしますが、実際にSEOに盛り込む方法についてご紹介します。これもWEBライターの要となる部分ですのでしっかりと知っておいてください。

  • キーワードを盛り込む位置
  • 近接率
  • 類似語(共起語)

②-1:キーワードを盛り込む位置

「タイトル」「見出し」には必ずキーワードを入れてください。

見出しはh2にはすべて、できればH3にも入れることでSEOとしてより効果アップします。

※H2、H3‥見出しのタグ名称

あとは指示があれば、その数だけコンテンツ内にキーワードを散りばめながらライティングをしていきます。ムリに詰め込もうとすると文章が崩れてしまいますので、じっくりと文章の流れを考えながら入れていきます。

②-2:近接率

キーワードをタイトル・見出し・コンテンツ内に埋め込むことが出来たら、つぎは「近接率」にも注意をして調整してみてください。

この近接率というのは、たとえば2語キーワード「野球 バッティング方法」であれば「野球」「バッティング方法」の語句をなるべく近い場所に使うということです。

2語キーワードが指定されている場合は、よく「野球のバッティング方法」と1つにつなげた形で指定されている場合があります。これは近接率を保つためにこのような形になっています。

②-3:類似語(共起語)

ここまで出来れば、あとはキーワードの「類似語」を探して入れ込んでいきます。

これはムリに詰め込まなくてもいいのですが、検索エンジンでよりSEO効果を高めるために「類似語(共起語)」はとても効果的な対策になります。

検索エンジン内では世界中から集められたデータから「その言葉が使ってあれば野球のサイト」といった認識として捉えられるため、なるべく多くの類似語(共起語)を使った方がSEO的に効率が良いものです。

WEBライターのSEO知識③文章について

WEBライターのSEO知識③文章について

最後に「文章」からSEOについて考えていきます。

文章からSEOを考えていくというとピンと来ないかもしれませんが、国語力というのはSEO対策で重要なポイントになるためしっかりと知っておいてください。

具体的にいえば「主語と述語」など、きちんとした日本語であることがSEOとして良い対策になります。これは検索エンジンへ向けてだけではなく、読者視点からも長く滞在してもらうために大切なポイントです。

  • タイトル(見出し)に沿ったライティング
  • 文章の表現方法

③-1:タイトル(見出し)に沿ったライティング

まずはタイトルの内容に対する「答え」を的確に提示すること。

記事タイトルや見出しに対する答えを的確に返していないと、SEO上ではマイナスの効果となってしまいます。的確にわかりやすく答えを返すことが文章のスタートになります。

まずタイトル(見出し)に沿った答えを返して、その上で補足情報(根拠)についてしっかりとわかりやすく説明していきます。

ここでヒントになるのが、最後にもう一度タイトル(見出し)の言葉を使って締めるということ。

すると途中でズレた文章が見えるようになるので、あとでその分を修正していけばタイトル(見出し)に沿った文章が完成します。

③-2:文章の表現方法

文章の表現方法というのは、たとえば”サンドイッチ法”などのライティング方法です。

この表現方法というのは文章をより読みやすくするためのもので直接的にSEOとは関係がありませんが、読みやすい記事になればそれだけ長時間の滞在や回遊率に影響するので大事な部分になります。

たとえばサンドイッチ法では「です・ます」と「言い切り」を交互に使って文章を執筆します。

実際に書いてみるとよくわかりますが、このサンドイッチ法を使った文章は全体に締まりが出て読みやすい文章になることが分かると思います。つまり「抑揚のある文章」になります。

このような表現方法はほかにもいろいろとあるので、自分に合った表現方法を使って書きやすく読みやすい記事作成をすることが大切です。

最終的にはSEO的にとても効果的です。

まとめ

WEBライターのSEO知識についてまとめます。

WEBライターのSEO知識①コンテンツ内容について

  • 狭く深くがコンテンツの基本
  • インターネットで拾った情報は古い
  • 独りよがりの文章に注意

WEBライターのSEO知識②キーワードについて

  • キーワードを盛り込む位置
  • 近接率
  • 類似語(共起語)

WEBライターのSEO知識③文章について

  • タイトル(見出し)に沿ったライティング
  • 文章の表現方法

これで「初心者でもWEBライターに必要な最低限のSEO知識」が身につきます。

すべてライティングが終わったら、何度か所見返して「推敲」をしてみてください。推敲をするとかなりの割合で修正する部分が見つかりますので、一発で終わろうと思わず繰り返し見直すことが大切です。

そしてSEOというのは1番目に考えるものではなく、まずはコンテンツがあってこその検索エンジン効率化になります。

良いコンテンツを作成する➝SEOを意識して盛り込む

損な順番で考えることで、本物のSEO対策が出来るようになります。

うさぎTana

\\収入アップにつながりやすい資格はこちら //

初心者Webライターがまず目指すべき即戦力「SEO検定」とは?
間違いなく強くなれる資格「SEO検定」について実際の経験から詳しく解説します。初心者Webライターがまず目指すべき即戦力が「SEO検定」の取得です。

\\WEBライターの始め方について徹底解説はこちら //

未経験者(初心者)のWEBライター始め方
未経験者のwebライター始め方を綴っていきます。 私も2016年にスタートしましたが初心者Webライターの頃はまったく稼げませんでした。というか作文がとても苦手で自分の文章を人に見せるなんて想像すらできませんでした。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました