webライター初心者から稼ぐ技術がつく推敲ツールレビューとおすすめスキル

 webライター初心者から稼ぐスキルとおすすめ推敲ツールをレビュー基礎知識

 webライター初心者から稼ぐスキルのついた”推敲ツール”をレビューします。

もしかすると稼ぐことができていませんか?

それであれば何らかの理由があると思いますが、
もっとも大きな理由に
”正しい推敲”が出来ていないのでは?と私は思います。

とくに初心者webライターのうちは、稼ぐためのスキルを身につける場所も限られています。

その結果として”独自の方法”によって推敲をしてしまうことで、正しい校閲ができないのが原因で稼ぐことから遠ざかっているのかもしれません。

ここでは、

  • ライティングの推敲作業にかける時間がとれない方
  • 正しい推敲によって今よりも稼ぐwebライターを目指したい初心者

そんなwebライター初心者で稼ぐことが出来ていない方へ向けて、私が初心者のころから気に入っている”ベストと感じる推敲ツール”についてレビューしていこうと思います。

もし稼げないwebライターから脱出したい!と強く思っていれば、ぜひ今回の私がおすすめする推敲ツールを試してみてください。きっと何らかの明かりが見えるはずですよ。

webライター初心者から稼ぐスキルのついた推敲ツール

webライター初心者から稼ぐスキルのついた推敲ツール

webライター初心者からなんで稼ぐことができるか?

冒頭でもお話ししましたが”推敲ツール”を使うことで、正しい添削方法を知ることができるため。

そんな推敲ツールというのが「文賢」です。

文賢

公式サイトはこちら

すべての人のライティングに勇気と自信を与えるツール【文賢】

この「文賢」という推敲ツールを販売しているのは、webライター・ブロガー・アフィリエイターなどネットビジネスに関わっていれば誰でも知っている株式会社ウェブライダーの松尾茂起さんという方。

沈黙のWebライティングこの松尾茂起さんはwebライター関係では第一人者とされている方で、私もwebライター初心者のころ参考にした沈黙のWebライティングという書籍などをたくさん出版されている方です。

また月200万PVを記録したメディア「ナースが教える仕事術」もこの方が作成したサイトです。

したがってWEBでのライティング力にかなり長けている方で、正しい文章を書くために”これ以上ない”というくらいの自宅で勉強できるのが今回レビューする松尾茂起さんの「文賢」です。

ではこの「文賢」をレビューしていきます。

webライター初心者から稼ぐスキルがつく推敲ツールのレビュー

webライター初心者から稼ぐスキルがつく推敲ツールのレビュー

ツールの特性上なかなか画像にしてお伝えするのは難しいので、どうしても文章が多くなってしまうことは読みづらいかもしれませんが許してください。

そんなに初心者webライターへ稼ぐスキルが身につくの?

私の経験からいえば、初心者webライターで失敗しやすいのが”文章の組み立て”です。

ライティングをしているときには感情がこもった勢いで書いてしまいますが、あとで読み返してみると思った以上に文章としておかしな部分が感じられるものです。

いまの私もまだまだ正しい推敲を身につけることはできていませんが、それでも初心者webライターのころに比べたらライティングをしながら同時に推敲をしていけるまでになりました。

初心者のころ推敲の勉強をしっかりと出来たことによって、結果的にライティングにかかる時間も短縮されてより稼ぐことに近づけるようになったというわけです。

ライティングにかかる時間も短縮

  • 感情をこめて込み上げてくるものに従ってライティングをする。
  • ライティング後に正しい推敲によって手直しをする。

ライティングにもっとも大事な”感情”をまず文章に表現して、活きた記事を書くことが初心者webライターとして重要なポイントです。したがって込み上げる感情をそのまま記事にすることです。

感情を一杯に表現して記事を書き終えたらそこで初めて”推敲”に時間をかけます。感情をぶつけた記事で乱れた部分もありますので、推敲によって正しい文章に修正をするイメージです。

 

この2つが初心者webライターには大事な流れになりますが、1つ目の”感情をぶつけた記事”というのは実践できても、2つ目の”推敲”についてはテクニックを知らないためできません。

その大事な2つ目の”推敲”を担ってくれるのが「文賢」というわけです。

したがって初心者webライターにとってもっとも大事な”感情+推敲”が両方ともできる、その結果として初心者のうちから稼ぐwebライターとして活躍できる可能性が高まります。

この推敲ツールで勉強できる内容

私が初心者webライターのころから使ってきた「文賢」ではこのようなことができます。

webライターが書いた感情のこもった文章を読みやすく、よりわかりやすくするためのチェックやアドバイスを自動で行ってくれるので”稼ぐ”につながる。

ほかにも次のような機能がwebライターとして稼ぐことにつながります。

  1. 漢字の含有率チェック
  2. 校閲支援機能
  3. たとえ表現機能
  4. 推敲支援機能
  5. アドバイス機能
  6. Google Chrome拡張機能
  7. オーナー辞書機能

それぞれの勉強できる内容についてサクッと触れておきます。

①漢字の含有率チェック

まず初心者webライターのころに気付きにくいというよりも気にすることもないのが「漢字の含有率」ですが、じつは国立国語研究所でも言われているように記事をライティングするときに読みやすさにつながる大切な部分になります。

漢字の含有率

初心者webライターではまず気付かない「漢字の含有率」をリアルタイムでチェックできる機能ということで、結果的にクライアントにも喜ばれる文章へと進化させることができます。

②校閲支援機能

この「文賢」は推敲ツールのため、当然ですが「校閲支援機能」が搭載されています。

とくに未経験からwebライターを始めたばかりの時期は文章として成り立たず読みづらいものですが、この機能があるおかげで誤った言葉や重複表現などをチェックしてくれて正しい日本語で印象を良くしてくれる効果が期待できます。

たぶんこの機能がもっとも役立つと感じるもので、自分の書いた記事がこんなにも変わるものかと初めのうちはビックリする機能になると思います。

③たとえ表現機能

私はwebライターを始めたばかりのころにWordの校閲機能を良く使っていましたが、けっこう役立ってはいたものの深くそしてバランスの良い文章にすることまではできず悩んでいました。

そこでこの「たとえ表現機能」を使ってみて分かったのは”慣用句””ことわざ”などの検索・挿入ができるためより文章表現を豊かにすることができ、プロに近い仕上がりになるところ。

こんなに文章が良く見える推敲のやり方もあるんだ、と役立った機能です。

④推敲支援機能

WEBライティングでは書籍よりも読みやすさが大切と言われていますが、この「推敲支援機能」ではウェブライダーが採用しているライティングルールに基づいて感情の部分はそのままにうまく文章をチェックしてくれるので助かります。

とくにWEBに適した読みやすい文章を書くためにのチェックに力を発揮する機能で、初心者のころの力不足をかなり補ってくれるのでかなり助かると思います。

⑤アドバイス機能

初心者webライターが文章を執筆していて足りないのが”抑えるべきポイント”で、なんでこんなに文章が薄っぺらく思いが伝わりにくいんだろう‥というときはコレの不足が1つの理由です。

アドバイス機能

そんな文章に厚みを設けて読みやすく伝わりやすいものにしてくれるのがこの「アドバイス機能」というもので、ライティングをする上で押さえておくべきポイントを表示してくれるので”稼ぐ”に直結する機能です。

⑥Google Chrome拡張機能

この機能はけっこう便利なもので、Chromeブラウザにインストールしておけば”いま見ているブログ記事”などを1クリックで文賢に転送することができるというものです。

なんか読みやすい記事だなと思えばサクッとストックできるので、直接的に”稼ぐ”というよりも初心者webライターにはより勉強につながるお役立ち機能です。

⑦オーナー辞書

この機能は自分で気をつけておきたい「キーワード」を登録することができるというもので、よく間違えがちな言葉や表記揺れといったキーワードを登録しておくことができるものです。

自分でライティングに特化した辞書を作るといえば分かりやすいかと思いますが、これもなかなか思った以上に便利な機能になると思います。

というのが推敲ツール「文賢」で勉強できる、またwebライターに役立つ機能です。

このように「文賢」には初心者webライターが書いた記事でも正しい日本語で読みやすい文章にしてくれる機能がたくさんあるので、とくにクラウドソーシングなどで執筆作業をするときなどには間違いなく役立つツールになります。

記事執筆をしてそのまま提出するよりも「文賢」にかけることではるかに読みやすい記事になるので、文字単価などの交渉にも使えてより”稼ぐ”につなげることが出来るツールです。

お金のない初心者webライターには良心的な価格

メリットなどをお話ししてきた推敲ツール「文賢」ですが、けっこう値段もお手頃です。

推敲ツール「文賢」の価格

初期費用10,800円+月額1,980円

とくに初心者webライターが知識不足な部分をカバーしようと思えば時間もかかって”稼ぐ”につながらないものですが、かなり時間短縮になるツールなのでコスパの面でかなり優れていると思います。

”お値段以上~ニト‥”と聞いたことのあるフレーズではありませんが、すぐに高品質なライティング記事が完成するので勉強にもなって”稼ぐ”ことにもつながる便利なツールです。

 

たとえば初心者webライターの相場として文字単価「0.5円まで」というのが妥当なところですが、このツールを使うことで最低でもすぐに「1円」くらいの依頼に対応することが出来るはずです。

初心者webライターが稼ぐ相場

・文字単価0.5円×2,000文字=1,000円/day(月30,000円)

・ツール後1.0円×2,000文字=2,000円/day(月60,000円)

このように考えてみると分かりやすいかと思いますが、文字単価が2倍になれば月の収入も相当変わってくるものです。簡単に推敲ツール代はペイできてしまいます。

ただし、本当に文字単価を2倍にすることができるか?

そんな疑問を感じると思いますが、私も実際に執筆依頼をしているクライアント側の立場としていえるのは「間違いなく喜ぶクオリティ」の記事が完成します。

こんなことをいうとアレですが、文字単価1円を出したところでwebライターの9割という数は金額に見合ったライティングができていないというのが現状です。

クライアントの立場としてクラウドソーシングを利用している私が太鼓判を押すのですから、まずそんなものだと思っていただいて構いません。

中にはクオリティがとても高いと感じるwebライターが1割ほどいらっしゃいますが、もしかするとここでお話ししているツールなどを使っているのかもしれません。

実際にレベルの高いwebライターにはそれがキッカケとなって高単価な記事を発注しているので、webライターとして稼ぐためにこうしたツールは考えてみるのは十分にありかと思います。

推敲ツール「文賢」はこちらから。

文章の完成度を高めるライティングツール【文賢】

初心者WEBライターが身につけたいスキル7選

初心者WEBライターが身につけたいスキル7選

ここからは初心者WEBライターに必須ともいえるスキルをご紹介します。スキルといえば資格と思うかもですが、ここでお伝えするのは「稼ぐ」に直結したスキルになります。

スキル①検索意図の理解

WEBライターとして、まず必要になるスキルが「検索意図」をよく理解できる力です。

そもそも検索エンジンの役割というのは、検索をしてきたユーザーに最適な深い答えを返すこと。

したがって検索意図を理解できるスキルがなければ、WEBライターとして失格といっても言い過ぎではないかなと私は感じます。

検索ユーザーが検索窓に入力した質問に対して、確実な答えを探る技術。

まずはこの「検索意図の理解」というスキルを身につけることが、とくに未経験のWEBライターには必須です。

スキル②キーワードの理解

検索意図の理解が身につけば、さらに「キーワードから検索意図を探る」というスキルが必要です。

WEBライターの仕事というのは依頼主から受注をして、依頼主が必要としている検索意図を理解してライティングすることが必須です。

しかし依頼主によっては完成した記事タイトルを指定してくるばかりではなく、キーワードだけを指定して依頼してくる場合もよくあります。

したがってWEBライターは指定されたキーワードから検索意図を想像して、的確な内容になるよう自分でキーワードを理解して文章を構成しなければいけません。

したがってこの「キーワードの理解」というスキルも重要な部分になります。

スキル③文章構成

検索意図をしっかりと理解できるようになれば、今度は「的確な文章構成」を考えられるスキルが必要です。

文章構成には基本的な「型」があって、学生時代に習った起承転結や5W1Hなどの手順に沿って文章を構成していくことが大切です。

この文章構成を無視して文章を書いてしまうとバラバラな流れになってしまい、ユーザーに的確な答えを返す前にとても読みづらく何を伝えたい文章なんだかわからなくなってしまうものです。

この文章構成の型として、サンドイッチ法などがとても有名です。

したがって「的確な文章構成」についてのスキルも身につける必要があります。

スキル④ライティング技術

文章構成が身についたら、実際に文章を書いていくための「ライティング技術」を勉強することとも大切なスキルです。

ライティング技術というのは、その文章を読みすすめたくなるか?というもの。

たとえば自然に読みすすめたくなるライティング技術には、文末表現を一行ごとに変化させるというものがとてもポピュラーです。

文末に「~です、~ます」を続けるのではなく、「~なもの、~など」といったように丁寧語を使わず文章を締めくくる技術。

すると自然に読みすすめたくなる文章となり、結果的に訪れたユーザーがしっかりと記事を読んでくれるライティングができるスキルとなります。

スキル⑤推敲技術

ここまでにご紹介したスキルはWEBライターにとって必須ともいえますが、さらにライティング後の「推敲技術」も重要なスキルになります。

この推敲というのは、文章をもう一度見返してみること。

ライティング後の推敲でチェックしたいのが、ここまでにご紹介したスキルです。

  • 検索意図が理解できているか?
  • 正しい文章構成でライティングができているか?
  • ユーザーが読み進めやすい表現でライティングができているか?

もちろん誤字脱字チェックはデフォルトで、文章内容を推敲して間違っている部分などを細かく直していくというのが推敲技術のスキルです。

この推敲技術が身につくことで、将来的にプロデューサーの役目をする際にも役立ちます。

WEBライターには面倒くさいためこの推敲をせず、ライティングをしてそのまま記事を提出しようとする人もけっこう多くいるものです。

だからこそ余計にこの推敲技術というのは、しっかりと身につけておきたいスキルです。

スキル⑥仕事受注

「WEBライターをしていれば適当に仕事受注できるでしょ」という感覚でWEBライターをしている人も少なくありませんが、それでは継続的に稼ぐことは難しいです。

仕事は待つのではなく「取ってくるもの」という感覚が大事。

アウトソーシングにたくさん登録するなどして、少しでもたくさんの中から自分に合った仕事を選んでいくというスタイルが効果的な稼ぎ方につながります。

したがって、この「仕事受注」というのもスキルの1つ。

記事を書くだけではなく、仕事を受注してはじめて収入につながるという意識を持っておくことが大切です。

スキル⑦収入アップ

仕事を受注してくるだけではなく、さらなる「収入アップ」を考えられる力もスキルになります。

未経験kならWEBライターをはじめて、より多くの収入を得ている人はこの「収入アップ」のスキルが身についているためです。

収入アップにもっとも必要な考え方が「効率化」です。

勘違いしないで欲しいのですが、

  • 同じことをするのなら少しでも楽な方法を考えること。
  • さらに同じ仕事を効率化させて、より多くの仕事を受けること。
  • また同じ仕事であれば、より単価アップなどで増収を目指すこと。

などを見につける事で、収入アップのスキルが身についていきます。

決して「楽をして稼でやる」といった考え方ではないので注意してください。

WEBライターで稼ぐためには、この「収入アップのスキル」についても同時に考えていくことがとても大事です。

webライター初心者が稼ぐために必要なのは”正しい推敲”です

webライター初心者が稼ぐために必要なのは”正しい推敲”です

推敲ツール「文賢」のレビューをしてきて、webライターとして稼ぐために使う価値などについてお話ししてきましたがいかがでしたでしょうか。

実際に私も初心者のころはよく使ってクラウドソーシングで仕事をしていましたが、推敲ツールを使うことで間違いなくいえるのは「初心者のうちから早く稼ぐことができる」ということ。

もちろんツールが稼いでくれるわけではなく自分の知識として吸収していかないといけませんが、その知識を得るために手取り足取り教えてくれるのが「文賢」というツールです。

いまの私はクライアント側として記事発注をしていますが、正直いえば初心者のうちからこのような高性能なツールで勉強してどんどんレベルの高いwebライターが出て来てくれればと思っています。

今回のお話しは以上です。

うさぎTana

\\収入アップにつながりやすい資格はこちら //

初心者Webライターがまず目指すべき即戦力「SEO検定」とは?
間違いなく強くなれる資格「SEO検定」について実際の経験から詳しく解説します。初心者Webライターがまず目指すべき即戦力が「SEO検定」の取得です。

\\WEBライターの始め方について徹底解説はこちら //

未経験者(初心者)のWEBライター始め方
未経験者のwebライター始め方を綴っていきます。 私も2016年にスタートしましたが初心者Webライターの頃はまったく稼げませんでした。というか作文がとても苦手で自分の文章を人に見せるなんて想像すらできませんでした。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました